おしり ザラザラ

ショック!おしりがザラザラしている...そんなときはどう対処すればいいのか

お風呂で身体を洗う際におしりをふと触るとザラザラしていることに気がついて、ショックを受けてしまった人はいらっしゃいますか?
おしりは身体の中でも皮膚がとても薄いので、少しの刺激でも過剰に反応してしまい、ざらつきなどを生み出してしまうのです。

 

またこうしたおしりの肌のケアに関して意外と知らない人が多く、間違った対処をしてしまいさらに悪化させてしまったという人も多いですね。
そこで今回は、そんなおしりのざらつきを改善する方法についてご紹介します。

おしりがざらつく一番の原因は乾燥です

おしりのザラザラの原因は様々ありますが、一番多いのが乾燥によるものです。

 

顔とは違いおしりはなかなか保湿などを行う機会が少ないので、乾燥しやすい状態になることが多いですね。
おしりが乾燥してしまうと痒みなども伴うので、寝ている間に無意識でかきむしると、おしりの皮膚のざらつきが悪化してしまいます。

 

また皮膚が乾燥すると肌を守ろうと皮脂を分泌して膜を作るので、ニキビなども出来やすい状態に。
したがっておしりの皮ふの乾燥は、ザラザラ肌を作り出すだけではなく、他の肌トラブルも引き起こす大きな原因となるのですね。

おしりのザラザラ改善には保湿が重要です

先ほども説明した通り、おしりのザラザラの主な原因は乾燥です。
したがっておしりのザラザラの予防・改善のためには、しっかり保湿を行うことが重要になります。

 

顔と同様におしりの皮ふも、化粧水や乳液でしっかり保湿を行いましょう。
基本的に顔用の化粧水を使っても構いませんが、最近ではおしりザラザラ改善用のクリームも市販されています。
したがってそのようなおしり専用クリームをうまく活用するのも、おしりのザラザラ改善のためには良いですね。

 

また保湿で使う化粧水などは、少しでも刺激を感じるようなものは悪化する可能性があるので、すぐに使用を止めましょう。
アルコールフリーやパラベンフリーの化粧水を選ぶようにしてください。

 

顔とおしりの肌は厚みが違うので、顔では平気だったとしてもおしりに使うと肌荒れを引き起こす可能性もあるので注意してください。

おしりへの刺激を抑えることもザラザラ予防に

おしりは身体の皮膚の中でも、とてもデリケートな部分の一つです。

 

したがって少しと強く擦ったりしただけでも、その刺激を敏感に感じてザラザラの原因となってしまいます。
お風呂でおしりを洗う際にも、タオルなどを使って洗うよりも手の平で泡を転がすような感覚で、優しく洗ってあげましょう。
ゴシゴシ擦らなくても、おしりの汚れ自体は十分落とせるので安心してください。
また入浴後タオルでおしりを拭く時にも、優しく拭いてあげましょうね。

 

ほんの少しの気遣いが、綺麗なおしりを作りだす重要なケアになってくるのです。

おしりのスキンケアでザラザラ予防

おしりは積極的に人に見せるような部分ではありませんが、ザラザラとした肌触りを感じるのはイヤなものですね。
また顔などのスキンケアとは異なり、おしりのケアはやり方をよく知らない人も多いので、悪化してしまったという人も少なくないようです。

 

したがって今回ご紹介したようなことを参考にして、おしりのケアを行うことが大切です。
おしりのザラザラがない人でも予防になりますから、こまめにおしりのスキンケアをしてみてください。

 

おしりのケア自体は難しいことではありませんし、お金もほとんど掛かりません。
ザラザラおしりに悩んでいる人は、是非試してみてください。